PX-G920 廃インクタンクのつまり 応急処置(自己責任)

f0085214_9543318.jpg

PX-G920をハナポンパパさんのところに持ち込んで、勉強会をいたしました。
何度クリーニングしてもノズルのつまりがとれず、しまいにはマゼンタの筋がプリント全面につくようになってしまいました。
廃インクタンクのエラーアラートも未だ出て無いのにどうしたのだろうと困っていたのですが、ハナポンパパさんから
yukinyaaさんに聞いたのだが、廃インクそのものは満タンになっていなくても、廃インクタンク上面にグロスオプティマイザの廃インクが膜を張ったようになってヘッドが汚れることがある」と。

では、さっそくそれを見てみましょう、というわけで。
プリンタの上部蓋を開け、カートリッジキャリアを移動させて見てみると、
f0085214_1025828.jpg

赤丸で囲った部分が、おそらくは廃インクタンクといわれるものではないかと思います。
f0085214_10349100.jpg

えらい事になってます。
画面下側の舟の部分は、スポンジ状物体とその上面に配置された金属の薄い枠が見えていますが、画面上側の舟の部分はというと、ネチャネチャ物質がてんこもりです。

ここからは、完全自己責任、地底無責任でおねがいします。

『深夜などに納品期日が迫った状態でどうしても簡易的にこの状況を回避する必要があり、プリントを続行させることでその結果仮にプリンタの損傷を招くとしても、それでも出力することが優先事項な場合、ひょっとしたら役に立つかもしれない』程度のTipsです。

繰り返しますが完全自己責任です。

私地底は、これを試してみた者がいかなる不利益を被ろうが予想外の事態に会おうが、一切その責を負いません。

この山盛りネチャネチャ物質を応急的に取り除いた方法。

プリンタインクの箱を適切な大きさに切り、へら状にしました。(ある意味純正部品)
インクカートリッジクレードルを適切な位置に移動させ、電源コードを引っこ抜く。
作ったへらでそ~~っと取り除きにトライ(ただし硬かったら即刻作業中止)。
 この作業の間はプリンタヘッドが外気にさらされている状態なので、ネチャネチャ取り除き終了し次第即刻電源復帰しインクカートリッジキャリアを定位置にもどさないとプリンタヘッドが詰まるとのこと。(yukinyaaさん情報をハナポンパパ氏よりまた聞き)
電源を入れたらノズルチェックパターンを印刷しクリーニングを二度実施することで、今回はきれいになりました。

以上。
良い子はまねしないでね。

※追加
yukinyaaさんの記事
ここここです。
[PR]
by kaeru-gekogeko | 2007-05-05 10:43 | 機材
<< 廃インク。或いはインクを廃棄す... PT Lens どうでしょう 2 >>