銀座 日本茶 佐人

レンタルで機材を借りる。

 お店に電話で、CMOSの清掃はどれくらいの頻度ですかと尋ねたら、
「返ってくるたびにブロアを『きちんと』かけている」との答え。
借り受け後、キヤノンのサービスへ即行。

CMOSの清掃の間に、銀座・佐人にて御茶。
f0085214_224238.jpg

『薩摩のひかり』の新茶をいただく。
パンチの効いた味。
今日のお菓子は和生菓子。

不味い茶は境界がはっきりしないが、美味いお茶は四煎目で「どっかーん」と味が変わることを体感。
ご主人「お茶は三煎目まで、と、よく言われます。」とのこと。
なるほどなー、と納得。
とかなんとか言いながらも、時間つぶしもかねて六煎目までいただく地底でありました。

※写真は四煎目ながらも、うつくしい水色(すいしょく)の『薩摩の光』。
[PR]
by kaeru-gekogeko | 2007-05-08 22:16 | 機材
<< 風 皇子の地平線(あの葡萄は酸っぱい) >>