タグ:EOS-1DMkIIN ( 10 ) タグの人気記事

1.初期不良 2.EOS Utilityでリモート撮影ができない

1.
私、初期不良をつかむ確率が非常に高いのです。それがなぜかはわかりませんが。

SDHCカード4GBのものを購入し、ハナポンパパさんに教えてもらったやりかたで検証。
カメラで初期化→目いっぱい書き込み→データ検証→カメラで初期化→目いっぱい書き込み・・・
で、みごと不具合出現。即交換。
(不具合の内容:書き込みエラー、書き込み途中でカメラがカードを認識しなくなる、PCに転送したデータのサムネイルが表示されるもデータが展開できない、等)

SDHC規格のものはやめて、普通のSD4GBにしました。今度は大丈夫。
(tips: 私の購入した某社class6のものは同社150倍速のものにくらべて、書き込み所要時間は約2倍。まだちょっとつかいものには・・・)

2・
で、本題はここから (ここからは初期不良は関係ありません)

カードを目いっぱい書き込むためにいちいちシャッター押してるのはめんどうなので、EUでタイマー撮影してカードを埋めることにしました。
ところが、カメラでレリーズできるのに、EOS Utilityのレリーズボタンでレリーズできない。
タイマー撮影も動作しない。
???
よくみるとEUのウィンドウに静粛動作中っていうアラートがでている。
知ってますよ。静粛動作のパーソナル機能設定してますよ。

電話サポートに問い合わせるも、
「そういうのは報告がない、そういうアラートがでることもこちらでは知らない。」由。
(もちろん、丁寧に応対してくれましたが、省略してます)
なんのエラーだろうか?
サポセンの指示通り、キヤノンのソフトウェア再インストール、ドライバも再インストール。
結果、同じ。

f0085214_1928398.jpg

原因をどうにかつきとめました。

1DMkIINで静粛動作のパーソナル機能設定をするとEUでリモート撮影ができない。そういう仕様(?)のようです。

だったら・・・ 静粛動作中 なんていう"現状説明"じゃなくて

"静粛動作を解除しなはれ"(標準語でも可)

と"アラート"を出すべきではありますまいか?
きっかり半日つぶれました。(ToT)
[PR]
by kaeru-gekogeko | 2007-04-19 19:52 | 機材

1DMkIII

さまざまなプロのさまざまな要求に応えるため豊富な交換レンズを開発し用意してきた一眼レフカメラシステム。
その一眼レフシステムのなかでも、さまざまな現場で(例:蕎麦打ち道場の取材とか)できるだけレンズ交換をしたくないカメラとして常に最先端を走り続け進化し続けてきた、デジタル一眼レフカメラ。
f0085214_10371730.jpg

いや、おちゃらけてる場合じゃありません。とうとう1DMkIIIが発売されます。
大変です。機材費がペイできない更新ペースです。
えーっと、そういう生臭い話ではなく、やっとダストリダクションが搭載されます。
ファインダーがマニュアルフォーカスでピントの山をつかみやすいものになったり、ピクチャースタイルをシングルアクションで呼び出せたり、フォーカスエリアをダイレクトでぐりぐり(20D系で便利でした)動かせたり、AF作動ボタンを最初から(今まではカスタムファンクション)つけたり、そしてついにEOS-Utilityを使って、ライブビューです。

量産工業製品の初期・早期ロットは買わないことにしてますから当分先になるとは言え、それでもやはりこのペース、実にしんどいです。でも欲しい。
かゆいところに手の届く改良。プロユーザの話をまじめに聴いて地味でありがたい改良を施してくるメーカ。ありがたいものです。
褒めたり嘆いたり(自分の懐具合を)する地底でした。
[PR]
by kaeru-gekogeko | 2007-02-24 10:51 | 機材

虫退治しました

先日書いた1Dのバグ?らしいものの顛末。
無事解決しました。
f0085214_22193369.jpg

EOS UTILITYでみると
f0085214_22211980.jpg

設定した覚えが無いのに・・・
使用説明書の索引に【ISO感度ブラケティング】についての表記もありません。

サービスに持っていく前にダメモトでお客様相談センターに電話すると、担当氏が懇切丁寧なヒアリングをしてくれ原因究明に尽力してくれました。そして最後に「お客様の誤操作の可能性がある」とのこと。
解除法はマニュアルに出ているとおりにやればできるということで、教えてもらって電話を切りとりあえず解除。

そして、ひたすらどうすれば誤操作してしまうかをひとりで検証。

結論から言うと、バグではないようです。
誤操作で「AEB撮影・ISO感度を変えてのAEB撮影」になったようです。
しかし、ヒューマンエラーを誘発する設計になっているように感じますので、レポートしておきます。
どういうことかというと、誤設定してしまってもユーザが気づかない可能性があり、またカスタムファンクション次第では誤設定がサブマリン的に再浮上してくるのでやっかいであるということです。

ジェネとか定常光で撮影中に「580とかでCLSをやろう」と思ったとします。
ST-E2をホットシューに取り付け、
f0085214_22311279.jpg

ISO感度を変えようとします。
f0085214_22312567.jpg

AFモード選択ボタンと測光モード選択ボタンを同時押しで
f0085214_22314149.jpg

メイン電子ダイヤルを動かせばISO感度を変えられます。
f0085214_22315192.jpg


この2ボタン同時押しのとき、ユーザが気づかぬうちにサブ電子ダイアルが動いてしまうと、
f0085214_2232579.jpg

この状態になり〈使用説明書・106頁参照〉【ISO感度変えてのAEB撮影】になってしまいます。
f0085214_22321581.jpg

さらにダイヤルが動くと、+-2/3とかになっちゃいます。
f0085214_22503648.jpg


ST-E2の電源が入っている状態で、意図せずこの誤設定がおこなわれたあと
f0085214_2232253.jpg

2ボタン同時押しをやめると補正値の表示はF値の表示にかわります。
f0085214_22515249.jpg

そして、誤設定に気づかぬままシャッターボタンを半押しすれば露出段数目盛も3点インジケータもすっかり消えてしまいます。
f0085214_225457100.jpg

ストロボ撮影とバルブ撮影ではAEB撮影ができないから、カメラ側がキャンセルしてしまうのでしょう。

やっかいなのはここからです。
f0085214_225991.jpg

ST-E2を使った撮影が終わり、ST-E2をホットシューから取り外します。
上面表示パネルを見る限り、【ISO感度変えてのAEB撮影】への(誤設定も含む)設定はキャンセルされているかのように見えます。
そして、実際この状態で撮影する限りはキャンセルされているのです。撮影画像にブラケティングがかかることはありません。
f0085214_2354999.jpg

ところが、ISOを変えようとしてAFボタンと測光モードボタンを同時押しすると、
f0085214_2393985.jpg

f0085214_23301446.jpg

ISOは変わりましたが、同時にこっそりと【ISO感度AEB】が復帰してます。
つまり本当にキャンセルされたわけではなく、いわば仮キャンセルみたいな状態になっていたわけですね。

こうやって説明をされながら画像としてみれば、見落としそうにないように思われるかもしれませんが、現場では地底の場合確実に見落としてました。
ISO感度表示を注視しているからです。露出段数目盛りは「注意の外側の事象」になってしまっているわけです。
【ISO感度を変えてのAEB撮影】は、いままで一度も使ったことありませんでした。あるのすら知らなかったぐらいです。

そして何駒か撮影した後で、AVTV値が動かなかったり同一露出で取ったはずの画像にアンダーオーバーがでていることに気づき困っていた、というわけです。

以上が虫の正体でした。
カスタムファンクションでブラケティングを自動解除しない設定にしているかぎり、この状態は出続けます。
地底は、この現象が出るたびにST-E2を取り付け、取り外しということをやっておりました。
対症療法に過ぎませんでしたが、とにかく虫を抑えられるのを発見したのでやっていたわけです。

操作や設定が意図してされたものであれ誤りであれ、一見キャンセルされたように動作するものの実はキャンセルされてはいないというのはちょっとまずいようにおもいます。
できるかぎりヒューマンエラーを回避するような設計が必要ではないかと地底は思います。

ジェネとCLSを使い分けて、ISO感度を頻繁に変えて、なおかつAEB自動解除しないに設定しているばあいにのみ起きることなので、おそらくはまったく経験していない方もいらっしゃる事象でしょうが、これについては「AEB設定を受け付けた後キャンセル(したような動作を)する」のではなく、そもそも「AEBを受け付けない」動作のほうが良いように思います。


それにしても、今回もキヤノンのお客様相談センターの対応はすばらしかったです。エクセレントでした。担当氏の真摯な態度にちょっと感動さえ覚えました。
「そんな報告は今まで聞いていない」などと一蹴するでもなく、問題を共有し原因を探ろうとする姿勢は見事でした。
そんな彼ら彼女らが、偽装請負の対象者ではないことを祈らずにはおられませんでした。

以上です。

追補
この ISO感度ブラケティング に関する「情報」はDPPの情報ウィンドウでは確認できません。
EOS Utility で 画像を選択して転送 をかけるときにEUの 画像詳細情報ウインドウ でのみ表示されます。
[PR]
by kaeru-gekogeko | 2007-02-18 00:21 | 機材

虫が出ました

撮影中に出ると(特にロケなんかで)とにかく復帰を急ぐあまり、
その尻尾を押さえる事のできなかったバグ(でしょうね、たぶん)。
本日、きちんと撮影できました!
f0085214_20205717.jpg

って、喜んでいる場合じゃないんですが。

ジェネで撮影中でしたが、出来上がった画像にはしっかりとブラケティングが、
かかっています。
CR2の画像情報を見ると、「ISOブラケティング」となってます。

撮影中にこの状態になると、AVTVともに動かなくなります。
対処法は今のところST-E2か580-EXを取り付け、FEB-ON・OFFをして外すのみ。
ちなみに使用頻度に差があるのでなんともいえませんが、いまのところ1D2nで出るバグで20Dには未だに出たことがないのです。
[PR]
by kaeru-gekogeko | 2007-02-13 20:28 | 機材

対応しました

1DIINのファームウェアアップ。
やっと2GB超のSDカードと4GB超のCFカードに対応しました。
地底の場合は、CFにCR2・SDにJPEGというやり方で記録してしてましたから、これでCFに残がある状態でSDを換えるのを減らせそうです。
(このことで、不都合なことがおこるのをDPstyleさんも書いておられました。)
先日近所の量販店で2GBのSDカード(トランセンド)が¥6,780ーというので、もうちょっとで買うところでした。
http://web.canon.jp/Imaging/eos1dm2n/eos1dmk2n_firmware-j.html
SDの4GB、ありがたいことです。
[PR]
by kaeru-gekogeko | 2006-12-22 09:22 | 機材

妙なエラー

1DIIN。
撮ろうとすると軍艦部横の液晶、ISOの表示が点滅しっぱなし。
プログラムオートで露出補正が効かない状態。
露出補正のインジケータが三つ点灯している状態。ファインダー内の露出指標も同じく3つ点灯。

こんなときはバッテリー抜きリセットと、思い出しやってみるが効果なし。
BKTが解除できないような、そんな状態。
BKTを設定しなおして解除すれば復帰するかと思いきや、なんと解除どころかそもそもBKTの設定操作を受けつなくなっている。
参った!マニュアル無いし。

しばらく考えて、思い当たるのは昨日580EXを取り付けて撮影したことぐらい。
もしかして580EXをはずすときに、外したよという信号なり何なりがカメラにうまく伝わらなかったのではないか?
あるいはFEBのエラー信号化なんかがキャンセルされてないとか・・・。
なんていう勝手な妄想を抱いて、580EXをシューに取り付け電源オン、そしてオフ。
シューから580をはずすと、先ほどの意味不明のエラーが消えていた。
現場に580EXがない場合、どうすりゃいんだろう。

なぞ多きC社メカ。
[PR]
by kaeru-gekogeko | 2006-11-27 22:52 | 機材

巡礼

f0085214_21323736.jpg

新宿のキヤノンに、頼んであった部品をとりに行く。
f0085214_21332967.jpg

そののちこんどは銀座のキヤノンに向かう。
f0085214_2134179.jpg

懐かしいなぁ。Nikon。
f0085214_21342911.jpg

建築家が意匠を凝らしてみても、となりに派手な薬局屋さん。
泣いているのか?建築家。それとも半笑い?
f0085214_2136112.jpg

時間は5時過ぎ、気温は4度。
f0085214_21363849.jpg

銀座も【アジア】
f0085214_21365865.jpg


f0085214_21385996.jpg

ダークな外観のビルにたどり着き
f0085214_21393118.jpg

味気ないエントランスを通って、例のショック品の修理を受け取るべく2階へ。

さて、カメラのレンズが折れてしまった件の報告です。
「MAX6万円、それ以上は見積もり連絡」
といわれていたボディーとレンズですが、幸いそれ以下の金額で治ってきました。
やれやれです。

心配していたフランジバックも「大丈夫」とのこと。(基準値内という言い方をされたのがちょっと引っかかるといえばひっかかるんですけど・・・。)
まぁ、落ち方が良くてレンズが破損したことでマウントの凹みも起きなかったというようなところでしょうか。

ひとつ思い出したことがあります。
この修理に預けるときに
「フランジバック診てください。」
と告げたら、
「あ、じゃぁそれも一応診ておきますか?」
と言われました。
「(一応じゃ困ります)片ボケとか困りますから。」
とは言ったものの、なにか不安感の残る応対でした。
向こうはプロ、一目見てこれくらいの損傷でマウントが歪むことは無いと判断した上でのことかもしれませんが、やはり一応じゃなくて、徹底的に診て欲しいなと思うのでありました。
[PR]
by kaeru-gekogeko | 2006-10-27 22:03 | 機材

Oh,My Buddha!! I broke my EOS dslr's lens.

やっちまいました。
f0085214_1151615.jpg

メイクさんたちと作品撮りをしていたときのことでした。
ラストショット。もうその一枚で終わりというカットで、やっちまいました。
日没の迫るなかで少し焦っていたというのもあります。


f0085214_1152481.jpg

クイックシューへのボディー取り付けが若干甘かったのでしょう。
数カット撮った後で三脚の高さを調整しようと三脚を動かしたとたん、スッと落下。
高さ60cmくらいからアスファルトの上にポコン、と・・・・。


f0085214_115312.jpg

マウント部にレンズ後部を残して17-40 f4Lは、見事にポッキリです。



f0085214_1153773.jpg

いつもは、しつこいくらいにクイックシューの取り付け確認をやり、必ず三脚にカメラのストラップを通しているのに、このときに限って・・・。
後悔先に立たず。

まぁ、このようにレンズが折れることでマウントの破壊を防ぐという発想なのでしょう。最悪の事態ではありますが、他のレンズで撮影を続行できるという利点があります。
果たしてレンズは全損なのか、そして気になるのはマウントもゆがんでしまっているのか?
とりあえずサービス(非プロ)へ行ってきます。
かなりブルーですが、滅多に見ることのない(できれば見たくなかったのですが)光景なので、押さえておきました。
[PR]
by kaeru-gekogeko | 2006-10-16 12:07 | 機材

ST-E2 スピードライトトランスミッター

ニコンのsu800に比べると二世代くらい前の機材という感じのST-E2。
うちでは、こんな具合で使ってます。
f0085214_0323565.jpg

間に合わせの自由雲台ですが、これを載っけるだけなら、もっと小さい雲台のほうが良いですね。
f0085214_0365917.jpg

これで、かなり送信範囲の自由度が拡がるのですが、問題点がひとつ。
AF補助光があさっての方を向いてしまうので、まったく使えません。
やれやれ、ですね。
[PR]
by kaeru-gekogeko | 2006-05-02 00:41 | 機材

ただいま

約、20年ぶりのキヤノン。
プロになってずっとニコンを使ってきましたが、先日、20年ぶりとなるキヤノン一桁機を導入しました。
なにかこう、複雑な気持ちです。
f0085214_010332.jpg

写真手前は、旧F1とFD35mm f2/S.S.C
F-1の前にA-1という機種を使っていましたが、このF-1を購入したときに、機械そのもののつくりの違いというようなものに、初めて気づかされました。
明るく見やすいファインダー。まつげの毛先か根元、そのどちらにピントをおくのかを選べるということを知ったおどろき。
レリーズボタンを押し込むとほぼ同時と思える時間で、もうすでにシャッターが切れていること。
巻き上げられるフィルムのコマ間が等間隔できっちりそろっていて、現像を終えたフィルムを裁断しやすかったこと。
なにもかも、懐かしいけれど鮮明に思い出せます。
[PR]
by kaeru-gekogeko | 2006-04-12 00:32 | 機材